お酒とごはん

春の山菜『こごみ』で初物を楽しむ晩酌

香り高い春の山菜が大好きです。

うどやせり、タラの芽やふきのとう、こごみなど、スーパーや農協に並ぶ山菜を見てはうっとりしています。

先々週は、まだまだ高くて手が出なかったのですが、そろそろ買えるかな?という値段になりました。

山菜って、嗜好品の位置づけではないですか???

私だけ???

筍も、季節に一度は食べたいけど、高価なワインを買うかのように、えいっ!と気合を入れて買ったりします(笑)

ですが、こごみは嗜好品としては気張らずに買えるし、食卓にのせることができる山菜なのです。

シーズンだと100円ちょっとくらいで買えるイメージです。

『こごみ』をカンタンに食べるコツ

山菜の中でもくるくる渦を巻いた、緑色のかわいい子が、こごみです。

ちょっとシュールよね(笑)

この見た目が、まず、大好きです。

見た目がとにかくかわいいのですが、食べ方もカンタンな、とってもかわいい子なのです。

食べ方は、茹でるだけ!

山菜としては、アクがとっても少ないんです。

なので、茹でれば食べられるんですよ!

浸すおつゆを作っておいて、おひたし風に食べてもいいし、マリネして和えてもいいし。

この日は、初物なので、わさび醤油でお刺身風に食べようと思いました。

芋焼酎のお湯割りで冬を惜しみ、春の味こごみを楽しむ

芋焼酎を添えて、今日の晩酌の支度ができました。

醤油とわさびは、こごみのために用意しました。

こごみを食べるときに、ちょんとわさびを載せて、お醤油につけて食べます。

この食べ方、居酒屋で『筍のお刺身』なる品があり、知ったんですよね。

山菜の直球な味や香りが味わえるので、私はこの食べ方、気に入っています。

甘めの塩サバには大根おろしをたっぷり添えて。

塩サバの上にいる、くるくるしてる子がこごみです。

少しぬめりがあって、歯ごたえもあるのがこごみの特徴です。

クセがなくて、とっても食べやすいので、山菜ってアク抜いたりとか、いろいろ難しいんでしょ?と思っている方にこそオススメです。

厚揚げと豚ひき肉の中華風の炒め物と、ほうれん草のポン酢かけが、この日の肴でした。

サバはやっぱり(何がやっぱり、だw)芋焼酎と合わせたいのです。

和食気分が味わえるからね~。

でも、ワインも飲みたいワガママな私。

どうしようか考えて、サバを早めに食べ終わりました。

芋焼酎も飲みきって赤ワインに切り替えたら、厚揚げの部。

赤ワインでそのほかの肴を食べてはお酒のローテーション。

すっかりほろ酔いでご機嫌な夜でした♪

【ひとり晩酌】魚河岸あげの小鍋仕立て お弁当用に買った魚河岸あげ。 ふわふわ柔らかく、練り物らしいうまみもあってお気に入りです。 この間スーパーで購入し...
魚河岸あげと鶏手羽でほっこりおでん 冬場はあったかいおでんが食べたくなりますね。 ここ数年、お鍋いっぱいのおでんを数日かけて食べきるのが苦しくなってきました。 ...

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
PVアクセスランキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA