スイーツ

バレンタインはマッターホーンのケーキで

バレンタインデー間近の週末、マッターホーンでケーキをテイクアウトしましたよ。

ショーウィンドウにずらっと並ぶケーキは壮観で、ワクワクしますね♪

バレンタインデー間近は並ぶ前提で店に行こう

庶民的なケーキ屋さんですが、名の知れた有名店のマッターホーン、店の外まで行列でした。

あらら、そんなつもりじゃなかった!と焦りましたが、今回はマッターホーンと決めてたので並びます。

三連休の初日、14時過ぎに並び始めて20分くらい待ったかな?

ケーキのショーウィンドウを眺めながら並べるので、あのケーキ美味しそう!これもよさげ!!と目移りしている間に順番がやってきます。

お会計間際になって、写真を撮ろうと思い立ちました。

昭和の香りただよう昔ながらのケーキ、魅力的です!!

カフェショコラがバレンタインイチオシなのかな、目立つ場所に並んでいました。

ショーウィンドウは可愛いピンクのハートがたくさんですね。

チョコの茶色も利いてバレンタインらしくていい感じです。

包装紙にくるまれた大ぶりの箱をオープン!

マッターホーンといえばの、オレンジ色の包装紙。

しっかりくるまれていました。

びっくりするほど大きいです。

あれ、4つしか買ってないはず!

オープン!

なるほど、6個用のケーキの箱に入ってたんですね。

大ぶりのケーキを買ったので、大き目の箱に入れてくれたようです。

バレンタインのチョコの代わりに4つのケーキ

かつて、彼にマッターホーンのミントチョコをプレゼントしたのですが、冷蔵庫に何か月も放置されている。。。

実は放置ではなくて、大事に食べてたらしいですが、チョコがわるくなっちゃうし、サクッと食べられる方がいいのかもと今年は初めてケーキにしました。

ノアール。

「フランス産のチョコレートをブレンドして作ったリッチなチョコレートケーキ」です。

濃ゆいチョコと軽やかなスポンジ、下のクッキー状のサクッとした生地もバランスよく、さらりと食べました。

サバラン。

昭和の名ケーキですよね。

「樽出しラム酒を使用した、歴史ある一品」だそうで、ラム酒にひたされたブリオッシュとピュアな生クリームの相性ばつぐんです。

翌日のおやつも、ケーキですよ!

一度、店内で食べて美味しすぎたプリンアラモード。

「カスタードと生クリームを合わせたクリームにフルーツを添えたプリン」だそうで、かためのプリンとクリームが合うんだなぁ!!

モンブラン。

「和栗のスフレ生地に、数種類のマロンペーストで仕上げました」だそうで、中には栗も入ってますよ。こっくり美味しいです!

ふたりでワクワク楽しんだお茶の時間でした。

バレンタインデーだからチョコと限定せず、こういうのもアリですね♪

マッターホーンの公式ホームページです→こちら

マッターホーンの記事をいくつか書いてます。

昭和香る正統派ケーキ マッターホーン@学芸大学 私がとっても好きなケーキ屋さんは、学芸大学のマッターホーンです。 昭和香る店内は、子どもの頃に戻ったような気持ちになれます。 ...

この記事でお店の雰囲気が味わえますよ!

記事の後半には、マッターホーンのケーキのご紹介をしています^^

ブログ村に参加しています

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代一人暮らしへ
PVアクセスランキング

寒いので身体が縮こまりがち!

お風呂であったまってヨガして寝ます

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA